チラシをとっておく、なんてことを私はあまりしないのですが、唯一の例外は、時々、郵便受けに入っているピザ屋のチラシです…

 近隣の方がピザをよく頼まれるのか、配達ついでに、私の部屋にもチラシを投げ込んでくれるのでしょう。お陰で、某チェーンの最新ピザに詳しくなってしまいました。

 ピザ屋のチラシが、他と比べて優れている理由の一つは、やはり、ピザの絵面の強さでしょう。きつね色に焼けたチーズが伸びる写真を見ていると、よだれは止めどなく溢れるのです…

20220902_1
 【ピザ屋のチラシに安らぐ日】2022/8/28(日)

 ピザ屋のチラシが優れているもう一つの理由は、そのカタログ性です。宅配ピザという形態のため、チラシには、今売り出し中の最新ピザ以外に、レギュラーメニューも載っているのです。

 様々なピザに満たされた紙面を、目移りしつつ眺めているうちに、妙な満足感を覚えます。これは単に「読み応えがある」と言い換えることができるかもしれません。

 そういう訳で、私はピザ屋のチラシを眺めると、満たされ、心豊かになるのです。しかし、チラシで満たされてしまうため、実際にピザを頼むのは、年1回くらい。しかも、お持ち帰りで。