おなかの調子も良く、翌日の予定もない。ならば、もう、食べるしかあるまい。セブンイレブンのカップめん「蒙古タンメン中本・北極ラーメン」を…

 しばらく前に「蒙古タンメン中本」のカップめんに挑戦し、なんとか食べ切れ、調子に乗った私。
 すぐに同じシリーズで、より辛い「北極ラーメン」を購入したものの、なかなか食べる勇気がわかない。
 電子レンジの上に飾り、日々眺め、たまには威嚇すること3週間。ついに、万全のコンディションの土曜日が訪れました…

 ただし、フタの上に付いている「極辛オイル」なる闇の小袋は、今回も使いません。そんな名前の油を使えば、ヘタレの私が負けるのは確実なのです…

20220908_1
 【自分の限界が見えた辛さの日】2022/9/3(土)

 食べては止まり、食べては止まりを繰り返し、45分かけてカップめん1個に勝利した私。
 辛さに対する自分の限界が見えた、と言うより、限界を超えていたような…
 辛さを舌よりのどで感じる点は、蒙古タンメンと同様でしたが、北極ラーメンには、辛さで胃が重くなるという、その先がありました。
 こうなると、もはや毒か呪いのようですが、その中においしさが隠れているのも、なんとなく感じるような、気のせいのような…
 でも、また食べたいかも…と思うなんて、これは中毒か?