普段、ぶらぶらと歩いていた道路の脇に、そんなものがあるとは知らず、端っこを歩き過ぎて、道を踏み外した私の耳に、イヤな音が聞こてきました…

 どうして端っこばかり歩くのか、と昔、母にも言われた気がしますが、これはクセなので仕方ありません。

 ハチの羽音は、カナブンに似ているのですが、周回するように飛ぶためか、音の移動が少ないというか、抑揚が小さいというか、そんな風に聞こえ、より恐ろしく感じてしまいます…

20220923_1
 【とりあえず逃げた日】2022/9/19(月)

 羽音を聞いた瞬間、「逃げ」を選択できたことは、私にしては、さえた判断だったと思います。確認などしていたら、刺されていたかもしれません。夏の間、街灯に来るカナブンを避け続けていたお陰かも…

 スズメバチのような大きなハチではなかったので、きっと、アシナガバチだと思います。また、怒って飛んでいたハチの数から考えても、小さな巣なのでしょうが、道の端っこは危険に満ちているようです…