先週末の大雨は、町の空気をうるおわせ、暖かな空気も連れてきました。そのせいか、私の気持ちも、ゆるゆるに緩んでしまいました…

 ゆるゆるに緩むと、ネタはまったく出ません。
 「満ち足りた人生」にあこがれることもありますが、そうなってしまうと、きっと私の頭からは何も出てこないでしょう。
 発想の本質なんて、もしかしたら、不平や不満など、後ろ暗いものなのかもしれません…

20230117_1
 【雨上がりの午後】2023/1/14(土)

 ネタが出なけりゃ、散歩にでも行くしかないのです。
 そして、犬も歩けばなんとやら。町には何かが落ちているのです。
 それを逃さず拾えるかどうかは運次第なのですが、あの日の私は、神に見放されてはいませんでした…

 >>【奇跡は雨上がりとともに2】につづきます…